太陽光発電は今後の日本のエネルギーを左右する

使用済み燃料プールの中にある燃料棒の取り出し作業が始まっている福島第一原発は、国内はもとより海外からも注目が集まっている。いやむしろ、原発関連のニュースは国内のものより海外で報道されている内容の方が詳しく、事実が視聴者に伝えられていると思う。我々日本人の多くは、震災直後こそ福島について心配をし、原子力発電所停止による電力不足に対応するべく、節電意識なども高まっていたが、現在では東北地方太平洋沖地震も過去の出来事として、どこか他人事のようにとらえている人が多いように思う。



各地の原子力発電所が稼働停止を続けている中、原発なしではエネルギーが不足するという心配はないということがわかり、火力発電や水力発電、地熱発電や風力発電、太陽光発電など原発以外の発電方法が見直されている。中でも私は、太陽光発電が今後の日本のエネルギーを左右する重要な発電方法ではないかと注目している。

株式会社ホンダソルテック

仕事関係やプライベートの友人知人の間でも、太陽光発電システムを導入する人が増え、より身近な発電方法として、その内容も知られる機会が増えてきた。私の自宅も親から譲り受けた日当たりのよい一戸建てだが、導入費用も一時期に比べれば随分と安くなり、太陽光発電の設備も様々なメーカーから選ぶことができるそうなので、導入を検討する時期に来ているのかもしれない。

なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度

現時点では、太陽光発電だけで日常生活に必要な電力を全てまかなえるわけではないが、今後技術が発展していけば、家庭の電力のみならず、企業で使用する電力も太陽光発電でまかなえる日がくるのではないか。そんな未来の実現こそ、今後の日本の発展のために、絶対に必要なことだと思う。